So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

フェルメール展 [写真]

すっかり秋ですね~。


空を見上げれば、入道雲からうろこ雲に変わり。

181008-11.jpg





野原では、ひまわりからコスモスへと移り変わる。

181008-13.jpg


「天高く馬肥ゆる秋」

高い空のしかもマジックアワーの時間は一段と美しい。

181008-7.jpg




秋といえば、芸術の秋。


そんな中、今週も2本映画を見てきました。
まずは、「本屋大賞2017」ノミネートされたベストセラー小説。

181008-6.jpg


「コーヒーが冷めないうちに」
とある喫茶店のとある座席に座ると臨んだ時間に戻れるという伝説。
しかしそこにはめんどくさいルールがあって。
そんな喫茶店で起きた4つの心温まる物語。
こういう時間を超えるファンタジーで私が職業柄ついつい見てしまうのは・・・
小説の中で読者が働かせるイマジネーションをどれだけ映像化できるのか。ということ。
実は以前とある映画のカメラマンと話をしたときに、こここそが映画を撮るものにとって最大の見せ場だとおっしゃっていた。
この作品の場合、(もうTVの番宣で見せているのでネタバレしてると思うけど)
過去に戻る瞬間を、水中に飛び込むという表現をしている。
それがとてつもなく美しく、時空を旅する感じが出ていて素晴らしかった。




続いて、Disney Movie 「プーと大人になった僕」
181008-10.jpg



これ見たかったー。
実はプーさんって、かわいいぬいぐるみのような感じがするのだけれど
毒づいたり、わがままだったりするんだよね。まさに3-4歳時の子供のように。



181008-9.jpg

脇を固める登場人物(ピグレット,イーヨー, カンガとルー,ティガー)も魅力的。
10数年前、読んだ本やビデオが甦る。
子供だった主役クリストファー・ロビンが大人になる。
私自身にも同様に時間は流れている。
映画とオーバーラップする。
そして今、1番大切なことを思い出させてくれる。
期待通りの素敵な映画でした。








そしてさらに自分の感性を磨くべく
やはり芸術の秋ですし。。。
上野の森に出かけました。
今回は自分の作品の出展ではなく、勉強のために。

181008-2.jpg



そうです、フェルメール展
私のつくる作品の原点にはいつもフェルメールがいる。
「光とその階調」を永遠のテーマに掲げている私にとって
フェルメールの描く、「光と影」、「色彩」そのすべてに感銘を受ける。

181008-1.jpg





もともとフェルメールの現存する作品はとても数が少なく35点と言われている。
今回なんとそのうちの9点(1点は急きょプラスされたようで、年明けの公開。今回私は8点しか見られませんでした。)が集結される。


181008-3.jpg




それをモチーフにした特製オリジナルトートバッグ!

181008-4.jpg




そう聞けば何としても見たくなる。
当然ファンも多いし、チケットもなかなか入手が厳しく、それでもずれた時間帯で何とか事前にゲット!
特別な一室に飾られた8枚の作品。圧巻だった。
こんなチャンスそうないので、まずは部屋の一番最後尾で全体を鑑賞。引いてみるとまた違ったものが見えてくる。
そして、もみくしゃにされながら8点最前列でじっくり近づいて鑑賞。
見終えた後は、解説を聞きながら再び最後尾で全体を鑑賞。
やばい、時を忘れる。いつまでもこうしてみていられる。
有名な作品はいつでもネットで見られるけど、やはり原画のパワーは計り知れない。
17世紀のこの時代にこんなにも繊細な光のタッチを描けるなんて。
もっともっと、もっと頑張らなきゃと自分が奮い立つ。
展覧会の最後のグッズ売り場で、図録を購入。
後は自分の撮影の前にもう一度、見直してイメージを作りだし気持ちを高め作品を作っていこうと思う。
やはり生の作品はすごい、感動!!

181008-5.jpg


で、本棚に飾る前に記念撮影。
まさに「フェルメール ライティング」
左の窓から夕陽が差し込む我が家にて。

























nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

【行ってきました】EOS R SYSTEM "PREMIUM SESSION" [写真]

180917-30.jpg


3連休最終日は。。。

行ってきました 「キヤノン EOS R の体験会」@品川ギャラリーSタワー。

朝一番で駆け付けたので、まだそんなに並ばずに済みました。
しかしながら、一人持ち時間「5分」しかありませんので、
何を確認するかを事前に決めておいてからのめでめで~。



となると、カメラを撮影する時間が無くなっちゃうので、写真は別途いつものショールームで。
とはいえ、こちらも整理券で持ち時間5分。

・・・ということで、ここは撮影のみ(笑)
ショールームのおねーさんびっくりしてましたよ。だって触らないんだもんね(笑)




EOS RとRF24-105mm F4 L IS USM

180917-37.jpg


RF28-70mm F2 L USM
RF35mm F1.8 MACRO IS STM

180917-38.jpg


RF50mm F1.2 L USMは、ここではお目にかかれず。






EOS RとRF24-105mm F4 L IS USM 俯瞰


180917-36.jpg




で、戻りまして。
会場はと言いますと、入り口でスペシャルカタログセットのペーパーバッグを受け取り
パネルがお出迎え。

180917-34.jpg

EOS システムの歴史も学べます。




こちらは、EFマウントのNEW MODEL
EF 400mm F2.8L IS III USM
EF 600mm F4L IS III USM



そして、レンズのカットモデル

180917-33.jpg

前玉と2枚目のレンズにはこんなに空間が開いているんですね。





そして奥に進むと
システム群が鎮座しております。
圧巻。
180917-32.jpg





そして、サイドにはギャラリーが

180917-40.jpg


14名の写真家の方の作品と大きな垂れ幕が。
180917-41.jpg




たっぷりEOS Rをなでなでした後は、お楽しみのセミナーへ。

180917-23.jpg


水谷たかひと先生の インプレッションセミナー



スタッフの方に確認すると、動画でなく写真なら撮影OKとのことなので
持参したMY EOSをスタンバイ。



とはいえ、しずか~に、こっそり=撮影をしていると。


シャッターチャンス!
新しい400mmを熱弁するところを激写!


180917-24.jpg



・・・とその次の瞬間。




180917-22.jpg




やべ、ばれた(笑)






意外と壇上から客席のお客様の顔って見えるということを以前聞いたことあるけど。
さすがにセミナーをお客さんが一眼レフでがっつり撮っている人はいないのでね~。


いつものライブ撮影なら、目線がきた!!いいね~~。


って思うけど、今日はファインダー越しに目があったら、こっそり来てたので「ばれた!」が先でしたww


やはり、俺って「盗撮」向かないな絶対(爆)









で、感想は・・・って。

正直なところ手に取った瞬間は「でか!」って感じでした。
※あくまでも個人の感想です。





いつも使い慣れている5DM3や2の一眼よりはもちろん断然小さくて軽い!
だけど、「ミラーレス」という期待値と触りなれてるソニーα7シリーズからすると。
これが正直な感想でした。


でも、なんでしょうね。あのグリップした時の安心感。
そしてフィーリングはまさに「EOS」そのもの。

デザインもサイズも違うのに「EOS」をグリップする感触は全く同じに感じる。


これやっぱすごいな。




え、AFですか?
EVFの感想ですか?



それは明日店頭に並ぶカメラ誌を見ていただいたほうが正確で早いと思います(笑)






















nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【ありがとうございました】第91回 日本写真会展閉幕 [写真]

無事 
第91回 日本写真会展 @六本木 富士フイルムフォトサロン

が終了しました。

180722-2.jpg


180722-1.jpg



連日酷暑の日が続く中、たくさんの方にお越しいただき誠にありがとうございました。




それでは改めまして

Kazukoba 第91回 日本写真会展 出品作品 のご紹介です。

180722-3.jpg


作品名:吊橋
作品サイズ:半切
撮影データ:ソニー α7R II, FE 24-70mm F2.8 GM
                 A mode, F4 (1/640sec.),-1.0 EV,  ISO 1600, 太陽光


写真を見ると広角に見えますが、実はこれ焦点距離55mmです。
つまり、目で見たままの様子。そうなんです、それほどこの吊り橋は長く大きいのです。
そんなサイズ感を表現したかった。

そしてそのためにもなるべく高い位置から撮影しています。
光線状態もできるだけ手前が日陰で、奥に日が当たる時間を選んでいます。
そうすることによってさらに奥行き感を表現しました。

人が写っていないものもあったのですが、やはり人が数人映り込むことによって
より橋のダイナミックさが表現できたと思います。





さて、年内の展覧会も残すところあと一つ。
そろそろ創作活動に専念します。

さ、来年に向けてどんな作品を作ろうかな・・・



180722-4.jpg





































nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

【ありがとうございました】足立区展閉幕 [写真]

今年はなんと早い梅雨明けでしょう。

関東では暑い日が続く中、

今週末は関西地区は前線による影響で記録的な豪雨。

数十年に一度の重大な災害が予想される「大雨 特別警報」が気象庁から発令。


私も親戚が広島におりますが、無事が確認されました。

とはいえ、現在も非難を余儀なくされている方も多いと思います。

心よりお見舞い申し上げます。





いつもながらに、仕事も忙しい中、

先週末、無事足立区展が終了しました。


今回もたくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。


180708-2.jpg



今年も「招待作家」として出品させていただきました。



それでは・・・

改めまして。




 2018年 足立区展 Kazukoba 出品作品


180708-1.jpg


タイトル:「渚」

サイズ:半切






お気づきの方もいらっしゃると思いますが、、、

「渚」というタイトルはここ最近でもいくつか発表しています。




実は、この「渚」というのは、3部作。

主人公を別々に描いたものなのです。


今回の足立区展で最後の3つ目を発表しました。




それではここに、その「渚」3部作を並べてみます。




第40回記念 秋耕展 出品作品   (2016年)@六本木 国立新美術館
tumblr_o8apkukmcj1ujinq7o1_1280.jpg

第89回 日本写真会展覧会 出品作品(2016年)@六本木 フジフォトサロン
160620-1.jpg

第52回 足立区展 出品作品(2018年) @シアター1010・ギャラリー
180708-4.jpg




同じロケーションでも、アングル、主役を変えるだけで見せたい世界が変わります。
自分自身でもとても勉強になりました。

その写真で何を伝えたいのか。
そこを明確にすることこそ、その写真のメッセージなのです。










nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

【閉幕】第27回 秋耕会小品展 [写真]

10日(木)で第27回 秋耕会小品展@上野 東京都美術館が無事閉幕しました。

たくさんのご来場誠にありがとうございました!!

180513-7.jpg


会期中のGW後半は非常にお天気にも恵まれました。



週末の5/5(土)は、絵画部、工芸部、写真部でそれぞれギャラリートークショーを開催。

180502-7.jpg






私も写真部代表としてお話をさせていただきました。


180513-3.jpg


こういったお話は色々な場所でさせていただいていますが、比較的カメラやレンズのお話が
仕事柄多くなってしまいますが、ここだけはいつも違う方向からご説明するようにしています。

お聞き下さる皆様は、美術館に来られて、絵画や工芸も見られている方。
そんな方々にも楽しんでいただけるように心がけています。



今回は、展示会場に合わせた写真のサイズ(プリントサイズ)や、タイトルの重要性、つけ方などを中心に
お話しさせていただきました。
撮影の仕方というより、鑑賞の仕方やお客様がスマホでも簡単に写真が撮れる・・・そんなお話でした。


ご興味のある方、ぜひ来年2月の国立新美術館でも開催(たぶんね★)予定なのでお楽しみ。







さて、それでは最後にネタバレです。

----Kazukoba 2018年 第27回 秋耕会小品展 作品---

作品名:疾走
作品サイズ:半切

180513-5.jpg



抜けるような青空には白い筋雲。
浜辺を走る白馬。
爽快感を表現した初夏のこの時期にぜひ見ていただきたくて発表しました。










そして、、、、告知です。


次回私の作品の展示日程が決まりました。


日本写真会 年度展 @富士フォトサロン
会期は7/20(金)~26(木)です。


こちらの作品は現在最終選考中です。


お楽しみに!!!








































nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

並木隆 写真展「心花(こころ」そして、秋耕会小品展開幕! [写真]

いつもお世話になっている、そして20年以上前の古くからお付き合いさせていただいている
並木隆先生の作品展「心花(こころ)」が銀座のソニーイメージングギャラリーで開催されています。

180502-2.jpg

3年間とり貯めた、「これぞ並木隆作品」という素晴らしい写真が30点以上所狭しと飾られております。

私にとってもとても感慨深いものがあって、
あの同じく銀座で数年前、会食し楽しい楽しい写真談義をした中で
久しぶりに並木さんの写真に対する熱い思いを聞いたのを思い出しました。


180502-11.jpg

そして、ソニーギャラリーにて写真展。思いが詰まった写真があの時の気持ちとともに籠っているのかも
しれません。



そして、日曜日の5月6日 14:00~ 会場でギャラリートークショーが行われます。



皆さん並木さんの素敵な作品をぜひご堪能ください!

180502-1.jpg









さて、抱き合わせ商法(笑)


ということでここからは私の告知を。

銀座で並木さんの写真展を見た後はぜひ、上野に遊びに来てください。



180502-8.jpg




東京都美術館にて私の所属します 一般社団法人 秋耕会が主催します
「秋耕会小品展」が本日5月4日よりスタートしました!


180502-9.jpg




今年の私の作品は「疾走」

この5月にふさわしい、青い空と海がモチーフになってます。


そして、、、私も。
明日5月5日 14:00~
会場にてギャラリートークショーを行います。


会場に飾られた作品をやさしく丁寧にご説明していきます。


180502-7.jpg



ぜひ、遊びに来てください。



たくさんのご来場、心よりお待ちしております!!!







それにしても、天気が良くてすがすがしい、ゴールデンウィーク!

180502-6.jpg



上野動物園が本日無料ということもあって、上野の森はたくさんの方でにぎわってます。




















nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

東京の週末 [写真]

久しぶりの東京で過ごす週末。

とはいっても、いつものごとく土日とも予定はびっしり。

まあしょうがないか、久しぶりの東京だし。


でも、あっという間に過ぎてしまう土日。
特に日曜日の夕日はどことなく、物悲しい。

あー、また1週間が始まる。

180422-7.jpg








お休みであっても、今日も会議室に午後こもって。
秋耕会の運営委員会が亀戸で開かれました。


その模様はこちらから
https://www.facebook.com/syukoukai/




久しぶりの亀戸なので、やはり天神様にご挨拶。

180422-4.jpg





亀戸天神といえば、藤棚で有名ですが。
まだ少々早かったかな。でも外国人も含めたくさんの方がいらっしゃってました。


180422-5.jpg



つつじの花もきれいです。

そして何より、ここからはスカイツリーもよく見えます。


180422-6.jpg




もちろん、写真はついでで。。。
今年のスキーシーズンも怪我もなく無事に過ごせている御礼と
もう一つだけ、お願いもしてきました。







戦いは、まだまだ続く・・・






















nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【告知】第27回 秋耕会小品展は5/4より [写真]

すっかりご無沙汰になってしまいました。
スキーヤーとして今シーズンは長い長い冬を過ごしております。
はい、まだ春は来てません(笑)


さて、そんな中、サラリーマンはさておき

写真家の活動はちゃ~んとしてますww



ということで、今日は告知です。
今年も秋耕会小品展が開催されます。


ここのところ6月開催が多かったのですが、今年は天気のいいこの時期
ゴールデンウィークの後半戦で開催です。



私はスキーシーズン真っ只中ですが、
みなさんはとっくに春を迎えていると思いますので、
お出かけついでに、お散歩ついでに
ぜひ上野の森に遊びに来てください。



私の今回の作品は、そんな今時期にぴったりのさわやかな写真をご用意しています。

Kazukobaと言えば、「青い空と海でしょ!」
という絶対的な期待を裏切らない写真を展示しようと思ってます。


お楽しみに!!



ーーーーーーーーーーーーーーー
第27回秋耕会小品展
主催:一般社団法人 秋耕会

<日時> 2018年5月4日(祝・金)~5月10日(木)  
     9:30~17:30(入場は17:00まで)
     最終日入場13:30まで/閉場14:30
<会場> 上野公園 東京都美術館 Cギャラリー
<休館日>5月7日(月)
<観覧料>無料


詳細はFacebookベージでもご覧いただけます。





●第27回 秋耕会小品展 小林一隆 作品
<作品名> 「疾走」







180418-1.jpg








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【アフターレポート CP+ 2018】セミナー編 [写真]

前述のとおり、今年はカウンターから全く出られず(涙)

という、ご案内を出したところ皆さん写真家の方々がブースにたくさん遊びに来てくれました。
ありがたいです。。。



で、遠くからこんな写真も。

ちゃんと働いてます(笑)


180319-27.jpg




ということで、本当に今年はセミナーを聞きに行けなかったのですが
それでも何とか写真だけでも・・・・と



まずは我がブース

山本まりこさん
並木隆さん
井上浩輝さん
180319-2.jpg


残念、自分のブースでも全く聞けなかった・・・・


続いてタムロンブースから

180319-25.jpg

Jr.   はいそうです。水谷たかひとさん


東芝ブースからは 桃井一至さん


通りかかったところのぞいたら、、、
何か数学の教授に見えてしまった(笑)

180319-4.jpg






そして、ここだけ立ち止まってわずか3分オープニングだけ聞けました。

キヤノンブースより前川貴行さん

180319-6.jpg

何か今年は、ちょ~~~ダンディな感じですね~。


だってね~、そりゃ看板ですから。
当然か。


180319-7.jpg



で、ちょっと遊んでしまいました。


リアル前川さん v.s. パネルの前川さん


180319-5.jpg




と、慌ただしいセミナー巡回でした。



本当はもっともっとお話ししたい写真家の皆さん
各カメラメーカーの皆さん
たくさんいたのですが、今年はほんとすれ違いばかりで。。。



また、来年お会いしましょう!!











nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【アフターレポート CP+ 2018】 ソニーブース [写真]

いつもながらに、忙しくす~~っかり波に乗り遅れました。

今更ながら1か月もたってしまったCP+2018のレポートを
私のブログにもアップします。


今年は、ブース内に終日いたので、いつもお世話になっている方々へのあいさつもままならず

ましてや、セミナーを拝聴したにブースに寄ったりもできず。。。

ということで、写真も一部譲り受けたりしたものもございますが、ご了承ください。



さて、、、


いつも通り、会期の前日2/28(水)から会場入りしてまずは準備。

180319-22.jpg




CP+全体のイメージポスターはこんな感じ。

180319-1.jpg





そして我がソニーブースのご紹介。


入場して、ブース正面から

180319-20.jpg


象徴展示にぐっと寄ってみると。
きれいにラインアップをお飾りしました。

180319-21.jpg



サイドから。

こちらは、モデルさんの撮影ができるコーナー。

180319-13.jpg


向いの高台には望遠レンズコーナー
180319-16.jpg


その後ろには、直近のピョンチャン五輪を彷彿とさせる、スポーツ写真から
野生動物の写真まで取りそろえた望遠レンズならではの作品たちが並びます。

180319-15.jpg





と、、、概要が先に来てしまいましたが。
今回のソニーブースの目玉はなんといってもこれですよね★

180319-12.jpg



そうです。ミラーレスの一眼カメラの
贅沢過ぎる!!ベーシックモデル「α7 III」


満を持して登場!180319-11.jpg


実は目玉はまだまだあります。



昨年開発発表された、「FE 400mm F2.8 GM OSS」

180319-18.jpg

180319-19.jpg


いまだショーケースの中で輝いています。

その実力はいかに! 楽しみですね~。ここから見てもその小ささはわかります。
さすがミラーレス用ですからね



そして、まだまだ目玉はあります。

新しいフラッシュ。
電波式ワイヤレスフラッシュ HVL-60RM
180319-10.jpg




これだけ久しぶりの目玉揃いとなると、ソニーブースはお客様で毎日あふれんばかり。

そしてそして、ご来場のお客様が投票で選ぶカメラ
「CP+ 2018 ワールドプレミアアワード」

「α7 III」が「レンズ交換式カメラ部門」においてぶっちぎりのグランプリいただきました。
ありがとうございます!

180319-3.jpg


と、まあ本当にざ~~~っくり(笑)ご報告です。

詳しくはやはり専門家のレポートを見ていただくのが一番!
ということで、いつもお世話になっているカメラマン「桃井一至」さんそして「吉村永」さんの名コンビが
お届けする動画をみてくださ~~~い。







ちなみに、私は期間中は鳥かごに入ってたがごとくカウンターで皆様とお話をしてましたが
実は裏でこんなこともやってました。


皆さん、「サイネージ」ってご存知ですか?

こんなやつ。

180319-9.jpg


180319-8.jpg


180319-14.jpg



各コーナーのご紹介のモニターです。
ここでこんな写真が撮れるんですといういわゆる案内板。


実はそこに流れてる写真、、、、こんなの撮影してました。
タネを明かしてしまうと結構しんどい撮影なんです。

当然、搬入の最中、しかもリハーサルでまだ光も決まらない状況の中
静かに、皆さんの邪魔をしないように、それでいてしっかりと撮影しなければいけないわけです。

あいつまたおね~ちゃんばっかり趣味で撮ってるよ・・・な~んて思っている人いたんでしょ。
ちゃんとれっきとしたお仕事です!


せっかくなので最後に漏れたカットも含めて、ご披露。


高台の望遠コーナーより
180319-26.jpg

こちらはメインのグランピングセットの前から。
180319-24.jpg

大迫力のAFコーナーより
180319-23.jpg



う~~~ん。やはり長すぎたので、他社ブースは別日でご報告です。


















nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー