So-net無料ブログ作成

【告知】第27回 秋耕会小品展は5/4より [写真]

すっかりご無沙汰になってしまいました。
スキーヤーとして今シーズンは長い長い冬を過ごしております。
はい、まだ春は来てません(笑)


さて、そんな中、サラリーマンはさておき

写真家の活動はちゃ~んとしてますww



ということで、今日は告知です。
今年も秋耕会小品展が開催されます。


ここのところ6月開催が多かったのですが、今年は天気のいいこの時期
ゴールデンウィークの後半戦で開催です。



私はスキーシーズン真っ只中ですが、
みなさんはとっくに春を迎えていると思いますので、
お出かけついでに、お散歩ついでに
ぜひ上野の森に遊びに来てください。



私の今回の作品は、そんな今時期にぴったりのさわやかな写真をご用意しています。

Kazukobaと言えば、「青い空と海でしょ!」
という絶対的な期待を裏切らない写真を展示しようと思ってます。


お楽しみに!!



ーーーーーーーーーーーーーーー
第27回秋耕会小品展
主催:一般社団法人 秋耕会

<日時> 2018年5月4日(祝・金)~5月10日(木)  
     9:30~17:30(入場は17:00まで)
     最終日入場13:30まで/閉場14:30
<会場> 上野公園 東京都美術館 Cギャラリー
<休館日>5月7日(月)
<観覧料>無料


詳細はFacebookベージでもご覧いただけます。





●第27回 秋耕会小品展 小林一隆 作品
<作品名> 「疾走」







180418-1.jpg








nice!(0)  コメント(0) 

【アフターレポート CP+ 2018】セミナー編 [写真]

前述のとおり、今年はカウンターから全く出られず(涙)

という、ご案内を出したところ皆さん写真家の方々がブースにたくさん遊びに来てくれました。
ありがたいです。。。



で、遠くからこんな写真も。

ちゃんと働いてます(笑)


180319-27.jpg




ということで、本当に今年はセミナーを聞きに行けなかったのですが
それでも何とか写真だけでも・・・・と



まずは我がブース

山本まりこさん
並木隆さん
井上浩輝さん
180319-2.jpg


残念、自分のブースでも全く聞けなかった・・・・


続いてタムロンブースから

180319-25.jpg

Jr.   はいそうです。水谷たかひとさん


東芝ブースからは 桃井一至さん


通りかかったところのぞいたら、、、
何か数学の教授に見えてしまった(笑)

180319-4.jpg






そして、ここだけ立ち止まってわずか3分オープニングだけ聞けました。

キヤノンブースより前川貴行さん

180319-6.jpg

何か今年は、ちょ~~~ダンディな感じですね~。


だってね~、そりゃ看板ですから。
当然か。


180319-7.jpg



で、ちょっと遊んでしまいました。


リアル前川さん v.s. パネルの前川さん


180319-5.jpg




と、慌ただしいセミナー巡回でした。



本当はもっともっとお話ししたい写真家の皆さん
各カメラメーカーの皆さん
たくさんいたのですが、今年はほんとすれ違いばかりで。。。



また、来年お会いしましょう!!











nice!(0)  コメント(0) 

【アフターレポート CP+ 2018】 ソニーブース [写真]

いつもながらに、忙しくす~~っかり波に乗り遅れました。

今更ながら1か月もたってしまったCP+2018のレポートを
私のブログにもアップします。


今年は、ブース内に終日いたので、いつもお世話になっている方々へのあいさつもままならず

ましてや、セミナーを拝聴したにブースに寄ったりもできず。。。

ということで、写真も一部譲り受けたりしたものもございますが、ご了承ください。



さて、、、


いつも通り、会期の前日2/28(水)から会場入りしてまずは準備。

180319-22.jpg




CP+全体のイメージポスターはこんな感じ。

180319-1.jpg





そして我がソニーブースのご紹介。


入場して、ブース正面から

180319-20.jpg


象徴展示にぐっと寄ってみると。
きれいにラインアップをお飾りしました。

180319-21.jpg



サイドから。

こちらは、モデルさんの撮影ができるコーナー。

180319-13.jpg


向いの高台には望遠レンズコーナー
180319-16.jpg


その後ろには、直近のピョンチャン五輪を彷彿とさせる、スポーツ写真から
野生動物の写真まで取りそろえた望遠レンズならではの作品たちが並びます。

180319-15.jpg





と、、、概要が先に来てしまいましたが。
今回のソニーブースの目玉はなんといってもこれですよね★

180319-12.jpg



そうです。ミラーレスの一眼カメラの
贅沢過ぎる!!ベーシックモデル「α7 III」


満を持して登場!180319-11.jpg


実は目玉はまだまだあります。



昨年開発発表された、「FE 400mm F2.8 GM OSS」

180319-18.jpg

180319-19.jpg


いまだショーケースの中で輝いています。

その実力はいかに! 楽しみですね~。ここから見てもその小ささはわかります。
さすがミラーレス用ですからね



そして、まだまだ目玉はあります。

新しいフラッシュ。
電波式ワイヤレスフラッシュ HVL-60RM
180319-10.jpg




これだけ久しぶりの目玉揃いとなると、ソニーブースはお客様で毎日あふれんばかり。

そしてそして、ご来場のお客様が投票で選ぶカメラ
「CP+ 2018 ワールドプレミアアワード」

「α7 III」が「レンズ交換式カメラ部門」においてぶっちぎりのグランプリいただきました。
ありがとうございます!

180319-3.jpg


と、まあ本当にざ~~~っくり(笑)ご報告です。

詳しくはやはり専門家のレポートを見ていただくのが一番!
ということで、いつもお世話になっているカメラマン「桃井一至」さんそして「吉村永」さんの名コンビが
お届けする動画をみてくださ~~~い。







ちなみに、私は期間中は鳥かごに入ってたがごとくカウンターで皆様とお話をしてましたが
実は裏でこんなこともやってました。


皆さん、「サイネージ」ってご存知ですか?

こんなやつ。

180319-9.jpg


180319-8.jpg


180319-14.jpg



各コーナーのご紹介のモニターです。
ここでこんな写真が撮れるんですといういわゆる案内板。


実はそこに流れてる写真、、、、こんなの撮影してました。
タネを明かしてしまうと結構しんどい撮影なんです。

当然、搬入の最中、しかもリハーサルでまだ光も決まらない状況の中
静かに、皆さんの邪魔をしないように、それでいてしっかりと撮影しなければいけないわけです。

あいつまたおね~ちゃんばっかり趣味で撮ってるよ・・・な~んて思っている人いたんでしょ。
ちゃんとれっきとしたお仕事です!


せっかくなので最後に漏れたカットも含めて、ご披露。


高台の望遠コーナーより
180319-26.jpg

こちらはメインのグランピングセットの前から。
180319-24.jpg

大迫力のAFコーナーより
180319-23.jpg



う~~~ん。やはり長すぎたので、他社ブースは別日でご報告です。


















nice!(0)  コメント(0) 

【行ってきました】加藤俊樹写真展「失語症」 [写真]

新宿御苑そばにある Place M で開催されている 加藤俊樹さんの写真展「失語症」に行ってきました。

180317-1.jpg




加藤さんと言えば、元CAPAの編集長であり、私がこの仕事を始めるきっかけともなった方です。
当時は、よく五反田にあるCAPA編集部に夜ビールとつまみと自分の好きなCDとポジフィルムを持ち込んで
電車がなくなる時間までスライド写真を見ながら写真を語り合い楽しませていただいたものです。


加藤さんはその後、品川インターシティーの真っ赤な会社に転職され
その後なかなか会う機会がなくなりました。


が、加藤さんは私同様ハワイが大好きでよくそんな写真を見せていただいていましたが
2011年の年末四谷で写真展をされました。


111203-1.jpg


この時の写真もすごく素敵でした。



しかし、その翌年。。。
脳出血で倒れられたと人伝で伺いました。
ちょうどその時私もかなり仕事で追い詰められていて
お見舞いに伺うことができませんでした。


その後、Facebookなどで言葉が発せられないと知りました。
しかしながら奥様と懸命のリハビリをされて
少しずつ言葉を発することができ、平仮名が書けるようになり
名前を漢字で書けるようになっていかれました。


そんな中で撮影された写真の数々がこの写真展に飾られています。




今日は私も久しぶりに時間があったので、1枚ずつじっくり鑑賞させていただきました。


前回の個展の時も素晴らしい作品が並んでいましたが、
今回の展覧会はその作品たちから感じる感情のパワーがすごかったです。
「見ているものに語りかける力」
そんなものをすごく感じました。


180317-2.jpg

※中でも私がとても感銘した作品(左)※本写真展の案内はがきにもなっています。
と、加藤さん。



加藤さんとお話しさせていただいて、知ったのですが展示された作品はほとんど40mmで撮影されているようです。









私は仕事では、広角レンズの遠近感の魅力や望遠レンズの美しいボケ味などを世にご紹介しています。
見たこともないような美しい景色、一瞬を切り取った息をのむような映像。
そうやってカメラやレンズの魅力をお伝えしています。





「写真の魅力」ってそんなところにあるのでしょうか?

実は
いつもの日常に、目に見えている画角にもっともっと素晴らしい世界があるのではないでしょうか。



そんなことを感じ、「写真」って本当に奥が深いのだな・・・・と
改めて感じさせられました。

とってもとっても勉強になりました。




ぜひ皆さんもそんな「写真」の魅力に触れてみてはいかがでしょうか。


加藤さんの写真展は明日まで。
ぜひ、足を運んでみてください。




180317-3.jpg



加藤俊樹写真展「失語症」
@Place M

所在地 : 〒160-0022 東京都新宿区新宿1-2-11 近代ビル3F 
TEL : 03-3341-6107
ギャラリー : 12:00―19:00 














nice!(0)  コメント(0) 

【ありがとうございました】第42回秋耕展閉幕 [写真]

2/19(月)で
第42回秋耕展@六本木 国立新美術館 
無事閉幕いたしました。

180223-2.jpg



今年も天気に恵まれたくさんのお客様にご来場いただきました。

誠にありがとうございました。

180223-4.jpg



今年も好評にお答えして、私の作品を入場口で限定販売させていただきました。
お求め頂いた方もたくさんいらっしゃったようで、こちらも誠にありがとうございました。180223-3.jpg



それでは、、、、お待たせしました。

ネタバレです。


--Kazukoba  2018年 第42回 秋耕展
 ハート&アート賞 受賞作品


作品名:落日

写真サイズ:全倍

180223-1.jpg

撮影データ
ソニー α7R II/ FE24-70mm F2.8 GM

1/400, F7.1, -1.0EV, ISO400, Daylight




今年は、王道の風景写真で勝負しました。

夕焼けに輝く水面と、草の高周波な感じを表現したかったので
ここは、いつものキヤノン5D MarkIIIではなく、
42Mのソニーα7R IIと解像力抜群の24-70mmのGマスターで撮影しました。
プリントの仕上げにもこだわり、右下はややつぶれ気味ですが、
雲を飛ばさず色を残したかったので、ギリギリのところで表現してます。


な~んて解説はさておき。
この写真当然ですが、太陽が沈むずっと前からここでシャッター切ってました。
もちろん、夕日が写っている写真もあったのですが、やはり沈んだ後のこの色に感激しました。
だからこそ、タイトルも落日としています。


実は、この景色の背中にはちょ~おしゃれなBarがあって
めちゃくちゃうまいお酒を友人と一緒にカウンターでいただきました。


いい写真が撮影できた後の一杯はうまかった!!










さ、今週も雪の中へ向かってます。




休みがほし~~~。




で、来週は雪上に唯一でません。



その理由は・・・・・


はい、もちろん毎年恒例のパシフィコ横浜へ向かいます。

CP+2018
http://www.cpplus.jp/

180223-5.jpg



皆さん、会場でお会いしましょう!!












では、いざ雪上!!







nice!(0)  コメント(0) 

【絶賛開催中!】第42回 秋耕展 [写真]

今週7日(水)に

第42回 秋耕展@国立新美術館

が開幕しました。

180210-2.jpg

午後からの雨の予報も覆り、何とか閉館時間まで天気がもってくれました。


そして3連休初日でもある今日は、たくさんの方にご来場いただいております。




さらに秋耕会Facebookページにもあるように
https://www.facebook.com/syukoukai/

本日は会場ではギャラリートークが行われました。

13:00~絵画部 
13:30~写真部 
14:00~工芸部 

ということで、13:30からの写真部で私が写真解説を担当しました。
180210-1.jpg


今年はいつも以上にお客様が多く、特に出品者の方やそのお友達がぜひお話を聞きたいとのことで
かなり熱心にお話を聞かれていました。


いつも私が行う写真教室とは違い
初めて来られた方でもどのように作品を楽しんだらよいか
・審査ってどんなところを見ながら行っているのか


・お客様から見てほしい写真を選んでもらって解説

を中心にさせていただきました。
もちろん、最大の違いは、一切あそこのメーカーのカメラがいいとか、レンズがいいとかしてません(笑)



その後の懇親会でも多数の方から、「ぜひまた写真の話が聞きたい」という要望を
写真部だけでなく、絵画・工芸そして新しい方からもいただきましたので
ぜひ、どこかそういう機会を作ってお話ができるようになればいいかなと思ってます。



以後私の宿題ですね。




16時からは、表彰式が開催されました。
今年も、式次第および檀上設営周りを私が担当しました。

180210-4.jpg


簡単そうに見えるこの作業。

一昨日の夜から、
受賞者・推挙者の変更作業や、受賞者のお名前のチェック
図録・会場内の表示と間違いがないかの確認
と明け方まで作業が続きました。




そして、今年。
お陰様で私自身が、秋耕会協賛メーカでもある「ハート・アンド・アート」さんから


賞をいただきました。

180210-3.jpg



ありがとうございました!





さ、第42回 秋耕展 まだスタートしたばかり。

会期は19日(月)まで





たくさんの方のご来場お待ちしております!



















nice!(0)  コメント(0) 

第42回 秋耕展開幕! [写真]

いよいよ明日2/7(水) 六本木 国立新美術館にて

第42回 秋耕展が始まります。


今年は、こちらでご報告のとおり、スキーの大会出場につき会場にいられるのは
 
2/10(土)

のみとなっております。
当日は多数のご来場者を予定しておりますので
状況によっては、会場内にいない場合もございますのでご了承ください。


また、10日はギャラリートークを行います。

13:00~絵画部 
13:30~写真部 
14:00~工芸部 

私は13:30~からの回でお話ししますよ。
写真の見方、楽しみ方を簡単にご説明します。
初めてお越しいただく方にも楽しんでいただけるように、
やさ~~~~しくお話しします(笑)


ぜひ、会場内写真展示場周辺にお越しください。






それでは寒い中ではありますが、今年もたくさんの方のご来場お待ちしております!


今年の私の作品は、例年以上に「ど真ん中」な作品です。



●第42回 秋耕展 Kazukoba 作品
<作品名> 「落日」
<撮影機材> ソニー α7R II, FE 24-70mm F2.8 GM




秋耕展の詳細はFacebookベージでもご覧いただけます。
https://www.facebook.com/syukoukai/




--------------------
●第42回 秋耕展 (絵画・写真・工芸)
主催:一般社団法人 秋耕会、後援:文化庁/東京都

会期:2018年2月7日(水)~2月19日(月) 
   2月13日(火)休館日
入場時間:10:00~17:30(最終日入場は15:00まで16:00閉場)
会場:国立新美術館 3階 展示室3B
 
2月7日(水)~2月19日(月)の行に記載があります。
 
<アクセス>
東京メトロ千代田線 乃木坂駅6番出口(美術館直結)
都営大江戸線六本木駅7出口から徒歩約4分
東京メトロ日比谷線六本木駅4a出口から徒歩約5分
<入場料>500円


180207.jpg










nice!(0)  コメント(0) 

本日は第42回秋耕展 搬入日 [写真]

ーーーーーーーーーーーーーーーー

第42回 秋耕展のお知らせ (絵画・写真・工芸)

主催:一般社団法人 秋耕会 後援:文化庁/東京都
会期:2018年2月7日(水)~2月19日(月) 
   2月13日(火)休館日
入場時間:10:00~17:30(最終日入場は15:00まで16:00閉場)
会場:国立新美術館 3階 展示室3B

ーーーーーーーーーーーーーーー

本日は、第42回
 秋耕展の搬入日。

国立新美術館に行ってきました。

180129-5.jpg

一般の人にはなかなか見れない搬入口。
180129-4.jpg


あ、でも、もちろん公募展ですから、搬入される方はどなたでもお越しいただけます。


秋耕展の受け付けはこんな感じです。

180129-1.jpg



今年も秋耕会の会員はもちろん一般公募の方も多数応募されています。


例えば、、、、
昨年会場でお話をさせていただいた、一般応募の大沢さま。
本日は残念ながらすれ違いでお会いできませんでしたが、

昨年の秋耕展受賞の記事が、スペインの新聞に・・・
180129-2.jpg


こんなに大きく掲載されています。


180129-3.jpg


どうやら、スペインのこの地域では秋耕展がかなり有名になってきているらしく。
こうやって海外でご活躍される方の出展は、うれしいですね。

しかも、秋耕会、広報局の私にとってもとっても嬉しいです。



日本でも
もちろん、今年もカメラ専門誌「CAPA」さんには多大なるご協力をえており、

1/20発売の
180129-6.jpg



雑誌の中にCP+と並んで大きく記事にしていただいております。

180128-7.jpg


あ、もちろん、今年も写真部門にはCAPA賞をご用意させていただいております。





審査は明後日1/30(水)




受賞者には順にはがきでご案内が届きます。




さ~~~~今年はどんな作品が選ばれるのか。




実はちらっと見てますが。なんか今までと違った新しい作品も続々増えている感じです。





皆さんの力作、しっかり見させていただきます。






















nice!(2)  コメント(0) 

2017年 日本写真会忘年会 [写真]

12月の1週目の土曜日は。。。

年末恒例、「日本写真会 表彰式と大忘年会」に行ってきました。
171202-3.jpg


資生堂に本部を構える日本写真会は忘年会の会場も銀座資生堂パーラーですが
今年の会場はこちら東銀座の「Cafe Serre(カフェ セレ)」

もちろん、こちらも当然・・・
資生堂パーラープロデュースです。


天井も高く非常に開放感のある店内を今宵は日本写真会で貸し切り。

171202-4.jpg


会場内には今年も、新潟 新発田支部、茨木の日立支部をはじめ静岡 三島支部など全国から会員が大集合。

171202-5.jpg




年間表彰のトロフィーと盾がずらり。

171202-1.jpg



そして定刻の17時。表彰式スタート。
まずは、初代資生堂社長 福原信三さんのひ孫である日本写真会会長 福原有一さんのご挨拶。

171202-9.jpg



今年は受賞作品も会場内にスライドショーで流れました。
さすが年間表彰は素晴らしい作品のオンパレードでした。



そしてその後はお楽しみの大忘年会。
三浦副会長の乾杯のご発声。

171202-6.jpg



かんぱ~~~~~い。



各受賞者の挨拶と続き、美味しい食事をいただきながら
最後はハズレくじなしの大抽選会!


171202-7.jpg


景品は資生堂をはじめ、新潟 新発田支部からは恒例の菊水のお酒が。
そして、恒例、会長からすき焼き用の超豪華お肉のセットも、


私今年は、菊水の美味しい日本酒当たりました!!!!!!


とても楽しいひと時でした。











今回の忘年会に撮影用のカメラとして、私はこちらを持参。

171202-8.jpg


そうです。α7 IIIと24-70mm/2.8GM。
実はこの忘年会私の持参するカメラを楽しみに皆さんお待ちなんですね~(笑)

ということで今年もご期待に応えて!




多くの方の興味を引いたのかたくさんの方から問い合わせを受けました。
そしてびっくりしたのが、ソニーを使われている方がとっても増えたこと。

7R II, 7S II, α9など、、、、いや~びっくりしました。



そして、、、、
何より一番楽しそうにカメラを見ていただいたのはこの方。
福原会長でした。

171202-2.jpg


やはり、素晴らしい写真をたくさん撮られる方々とカメラの話をするのはとても楽しいですね。






さて、来年の作品づくりに取り掛かりましょう。。。。



























nice!(0)  コメント(0) 

佳作 受賞! [写真]

日本写真会 2017年度課題作品コンクールにおいて
佳作を受賞しました!

課題:「和」


12/2に表彰式が行われます。
受賞の模様は改めてご報告いたします。

応援ありがとうございました。

これに甘んじず、日々精進してまいります。



・もうすこし大きいサイズでお楽しみになりたい方
・どんなカメラでどんな撮影データか興味のある方

は、こちらギャラリーにもアップしましたのでそちらでどうぞ。
http://kazukoba.tumblr.com/


SAMURAI.jpg
2017年度 日本写真会 課題コンクール
Kazukoba 佳作受賞作品

"SAMURAI"

















nice!(1)  コメント(1)