So-net無料ブログ作成

5月旅  Part.4 ~富士山~  [┣国内]

さて、5月旅の最後は、日本から。
その象徴とも言われる、「富士山」と「さくら」を。


撮影は朝3時起き。
170524-4-3.jpg


赤く美しい色はわずか数分。
これだから写真はやめられない。

170524-4-4.jpg





シバザクラと富士山、このコントラストが美しい。

170524-4-1.jpg



奥のヤマザクラもかろうじて残っていてくれました。

170524-4-2.jpg




残念ながら青い空はほんの一瞬で。
それでも、雨にならずによかった。

170524-4-7.jpg

170524-4-6.jpg



こちらも日の出の富士山。
どの位置から狙うかで、まったく見え方が違います。

170524-4-5.jpg



さくらと富士山
まさにわが国日本が誇る美しさ。

170524-4-8.jpg



こいのぼりも雄大な富士山をバックに優雅に泳いでいました。

170524-4-9.jpg


実は、、、
私は富士山をほとんど撮影しません。
富士山に思いをはせ撮影される方はたくさんいらっしゃいます。
その美しさに魅了され、ふもとに移り住む人もたくさんいます。

私のような俄か撮影では本当の富士山の魅力を残念ながら引き出せません。
ですが、精一杯丸い1日この日は向かい合わせていただきました。


「霊峰富士を仰ぎつつ~♪」

天気も下り坂。
最後は滝を狙いに。

170524-4-10.jpg




以上、2017年 5月旅レポートでした。











nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

5月旅  Part.3 ~北京国家体育場~  [┗China]


2008年 夏 オリンピックがここ北京国家体育場で行われました。
170524-2-1.jpg




聖火塔
170524-2-3.jpg



「鳥の巣」のニックネームのメインスタジアム。
本当に鳥の巣みたい。

170524-2-4.jpg





そして2022年、ここ北京で今度は冬季オリンピックが開催予定。
しかし、スキーウェア古すぎない笑

170524-2-2.jpg





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

5月旅  Part.2 ~頤和園~  [┗China]


チャイナドレスとまでは行かないけど。
この遠近感を出してみたかった。

・・・ということで実はかなり密着した距離感です。
170524-1-4.jpg



37度という気温のなかひたすらロケーション探し。

170524-1-1.jpg



頤和園(いわえん)は北京の北西に位置する誇大な庭園公園。

170524-1-2.jpg


市内からは約1時間といったところ。

歴史を感じる建物から遠くには北京市内の近代ビルも見渡せます。

170524-1-3.jpg




1998年に世界遺産(文化遺産)に登録されてます。

170524-1-5.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

5月旅  Part.1 ~天安門・景山公園~  [┗China]


天安門
170524-3-2.jpg



とにかくスケールがでかすぎる。

太和殿
170524-3-4.jpg

170524-3-1.jpg

170524-3-3.jpg



角楼
中国ではこの位置、この角度からが一番美しいといわれている。

当日も2組の結婚式撮影がここを背景に行われていた。

170524-3-6.jpg




そして景山公園の階段を上り山頂へ。
万春亭から見渡す故宮

170524-3-5.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

End-of-season Ski in 2016-17 [SKI]

170503-1.jpg

Spring has come again.

Don’t you think Ski season is too short in Japan?

It feels like it is over as soon as it begins.


I feel sad when May arrives.



A long time ago I was an alpine skier in my high-school ski club. 

I used to spend more than 60 days a season skiing.

Unfortunately, now I can only go skiing one week out of the year.

I still train intensely and collect information about new ski styles on the web or in magazines. 

I’m forever full of enthusiasm for skiing.




And I also like a dreams coming true.

This past season I had the privilege and pleasure to work with Kelly VenderBeek, a skier who I admire a great deal.




Kelly qualified for the 2006 Winter Olympics in Torino, Italy as part of the Canadian National Ski team. At the Olympics she finished 4th in the Super-G event, unfortunately missing the podium by 0.03 of a second.

However, she won a lot of World Cup medals in Downhill and Super-G and caught the world’s attention. She was then, and is now, a great skier.

http://olympic.ca/team-canada/kelly-vanderbeek/










She is now a well-known broadcaster as well as a renowned photographer.
https://www.kellyvanderbeek.com/


I was really looking forward to the day to ski with her out on the piste.

Finally, that time came!


170503-6.jpg



It's reasonable to expect difficulties with some twists and turns while shooting.

I felt like there were many setbacks.

But Kelly and the staff were very generous and understanding so, in the end, all shots were well done.











170503-3.jpg


I struggled to keep pace with her and it was the happiest moment in my skiing life.
I learned a lot about making great turns and form.















Moreover, Kelly surprised me with a gift that exceeds anything I have won or prizes I have been given in the past.


170503-5.jpg



She gave me a FIS world cup number bib, the first seed!, with her signature and a message for me.


170503-2.jpg




I was moved to the point of tears.

Thank you so much, Kelly.

This is something I will always treasure.







Kelly, see you next year at the Winter Olympics in Pyeongchang!

I’m looking forward to seeing you back out on the snow.  

170503-7.jpg





I appreciate your support very much and wearing the Canada ski team jacket while working was as if we were teammates.




170503-4.jpg











This is some of my best work.

Please take a look at it.








Soon-to-be-released


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【終了!】秋耕会小品展 ギャラリートークショー [写真]

さて、2017年 GWもラストスパート。

そんな中、

秋耕会小品展@東京都美術館

絶賛開催中です。


170506-1.jpg





そして本日会場の東京都美術館では
各部門から先生方の作品講評会が行われました。

170506-6.jpg


まずは
13時より絵画部からスタート。
高橋名誉会長。
170506-2.jpg



そして15時からは工芸部
カッパーレリーフの解説をされる
大山総務事務局長。

170506-4.jpg


そして志賀運営委員。
170506-3.jpg






最後は、写真部を代表して、常任委員を務めます、私。
170506-5.jpg






作品鑑賞をされる方はこれだけ多岐に渡る作品をどう見たらいいのか参考になったと思います。

私自身も、いつもだと写真の専門用語も多数飛び出しますが、今回そこはぎゅっと封印し
まったく写真がわからない人でも、「こんなところを見れば楽しめますよ」的なことを中心に
お話させていただきました。








さてさて、
会期は5/10(水)までですが、私の会場アテンドは本日が最終日。
・・・ということで、ちょっとばかり早いですがネタばれ。


ですが~。
まだ期間ありますので、ぜひ会場で生の作品をご覧ください。
やはりなまには生のよさがありますからね☆






---Kazukoba 2017年 第26回 秋耕会小品展 作品---

作品名:灯台
作品サイズ:半切

170504-4.jpg



夜明け前から何枚もシャッターをきりました。
見せ場はもちろん灯台の左側エッジ部分のハイライト。
そして左奥に白い帆に朝日をいっぱい浴びてオレンジに輝くヨット。


やはり私の写真を好きといっていただける方は、こんな海の作品を期待されているんですね(^^;)
会場でもそう声をかけていただけると励まされます笑
















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

【始まりました】第26回 秋耕会小品展@東京都美術館 [写真]

GW真っ只中。
今年は何がいいって天気がイイ。



ずっと忙しくて、外に出ることもなかったのでとにかく日差しがまぶしい。

で、気がつけばサクラの季節も終わり、藤の花が咲き乱れている。
170504-5.jpg




そして、本日5/4より始まりました。

秋耕会小品展@上野公園 東京都美術館。
本日初日!

170504-1.jpg



JR上野駅を降り立ち、ビックリ。
とにかくすっごい、人・ヒト・ひと。


まあ、ご来場者が増えることはありがたいことです。

閉場後、ぱちり。
あまり見ないアングルですよね。


会場はこんな感じです。

170504-3.jpg






小品展は会期が短いのでご注意ください。


なお、週末の土曜日
5/6(土)は会場にて各部門の先生方の講評会が行われます。

絵画部:13:00より
写真部:14:00より
工芸部:15:00より




写真部の14:00~  私、Kazukobaもギャラリートークさせていただきます。
ぜひ、遊びにお越しください。


さてどんな話をしようかなぁ~。お楽しみに~~。


詳しくは
秋耕会 facebookページをご確認ください。

https://www.facebook.com/syukoukai/



たくさんのご来場お待ちしております!












nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート