So-net無料ブログ作成
検索選択

真夏の取材 Part.2<撮影編> [┣国内]

東京の奥座敷での撮影。もちろんちゃんとしてます。

さて、小雨のち、土砂降り。
「雨の日には雨の撮影を」などと言いますが
でもできれば雨が降っていないほうがいいですよね。


まずは小雨のうちに。
170712-9.jpg



霞む向こうの島も。。。やはり青空だったらもっと違う印象だっただろうな~と思いながら。
でも晴れていたら観光客でごった返していただろうな~と思い直し、まずは良しとするか。






山を上がるごとに、深い霧に覆われ、雨の勢いは増すばかり。

ここの有料道路はETCは使えないので、昔ながらに窓を開けてお金を支払おうとすると。
「この先、霧がすごくてなんにも見えませんよ」と言われた

私 「はい、わかってます」
おじさん「本当に見えませんよ」
私 「はい、、、」



あれ?こんな会話20年近く前に同じようにしたことを思い出した。
そう、まだ美ヶ原の道路が有料だったころ。
しかし、この時撮影した写真は素晴らしい出来だったことを思い出した。



いや、必ずチャンスはある!
そう信じて車を走らせた。



が、、、、確かに、な~~~んにも見えない。
さてどうしよう。。。






それでも雨は辛うじて上がり、山を歩き出した。


170712-6.jpg


アジサイはやはりしっとりと濡れていた方が美しい。




170712-5.jpg



ホタルブクロは薄むらさき、白、ピンク色々あるけど。
この中で本当に蛍が光っていたらきれいなんだろうな~と想像しながら。
山の奥へと歩みを進める。





やはり、ドラマは待っていてくれた!
このしっとりとした感じ、柔らかなやさしいトーン。
これぞ写真の醍醐味! 久しぶりに心が躍り夢中でシャッターを切った。


いつも仕事でしている、派手でコントラストが高くて、バリバリにシャープな世界。
そことは真逆にある、写真全体で醸し出すみずみずしく、柔らかく、やさしい世界。
まさに私の大好きな世界がそこにあった。


出来上がりは、近いうちに発表しますのでお楽しみに。




そして、ドラマはまだまだ続く。

そう、梅雨明け間近のこの時期。
激しい雨の後には、日差しがさす。


ということは・・・・

そう、私の大好物のレインボータイム!




ハワイ好きとしては絶対に逃しません。
だって、「あ、出るな。あそこに」分かっちゃうんですよね~



ほら!




170712-2.jpg






そして、また行きたい!!!
とハワイを思い描きながら。



まさに、まるで「ワイケレプレミアムアウトッレット」の様に。

170712-4.jpg








いい取材ができて本当に良かった。



























nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0