So-net無料ブログ作成

「タッチ」と「MIX」 [その他]

先週よりパーソナルメニューを組んでもらったので、TIPNESSへ。

170709.jpg


ところが、少々体が寝不足でフルメニューをこなそうとしたら、、、めちゃくちゃしんどかった。
やはり、ちゃんとメニューと体の状態をちゃんと指導されたようにこなさないとダメですね。

ついつい、全力投球してしまう悪い癖。ペースは守らないと。反省。



・・・ということで、帰ってきてからダウン。久しぶりに9時間がっつり寝ました。
朝起きて、昨日できなかったあれやこれやPC作業をこなし、ネットサーフィンをしていると。


こんなもの見つけてしまった。
秦基博さんのMV(ミュージックビデオ)。



ここに、なんと。
あだち充先生の「タッチ」と「MIX」が。これはヤバイ!







まもなく、8/7(月)より
第99回全国高校野球選手権大会が始まりますが、それを前に。




高校野球って、、、
・・自分が小学生の野球大好き少年だったころ、

  強く大きなお兄さんたちにあこがれを持って見ていた。

・・自分も高校生になると、同級生たちは頑張っているなと刺激され自分の気持ちも奮い立たせた。


・・社会人になると、若い人たちはがんばっているな~、自分もこんな時代があったな~なんて郷愁にかられた。

・・そして今、自分たちの子供世代がまさにここ、甲子園で戦っている。ついつい親目線で見てしまう。




で、秦基博さんのMVに戻ってみると。
この曲「鱗(うろこ)」。このタッチの名場面にシンクロしすぎていてもう鳥肌もん。


上杉達也は浅倉南を愛しています。
世界中の誰よりも。


もはや、感激しかない。このセリフ何度聞いてもすごいし。




あだち先生の漫画は大好きで
「タッチ」はもとより「みゆき」そして恥ずかしがりながら「週刊少女コミック」を買って読んでいた
「陽あたり良好!」も読破した。


しかし、最近はとんとご無沙汰でこのMVをみて「MIX」を調べてみた。
2012年6月から連載され、気になるのはここ

「舞台は26年後の明青学園」

つまり、上杉達也、和也、南がいたあの明青学園。
そして野球部。登場人物がまたいろいろ連想させる。

そしてタイトルが「MIX」
それは、あのころのあのキャラは出てくるのだろうかと期待が高まるばかり。

26年後って、、、そう「子供世代」

もしかして、、、、なんて妄想も膨らむ。



こりゃ、ヤバイ。久々に買ってしまいそうww


南ちゃん役の日高のり子さんのこんなCMにも心揺れます。
「MIX」11巻

気になる~~~~~































nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0