So-net無料ブログ作成
検索選択

いよいよあと2日 第41回秋耕展@国立新美術館 [写真]

第41回秋耕展@国立新美術館

残すところ今日19日(日)を含めてあと2日となりました。

170211-14.jpg



会期中は非常にお天気にも恵まれ、雨も雪もなく数多くのお客様にご来場いただいてます。
ありがとうございます。






先週末は、写真部を代表して「作品講評会」も実施させていただきました。

170211-3.jpg


170211-5.jpg
※豊田さん撮影














私も会場に足を運んで気づきました。
何と今年は「国立新美術館」がオープンして10周年のメモリアルイヤーでした。

170211-17.jpg




さて、会期2日ほど残しておりますが、ネタバレ。

---Kazukoba 2017年 第41回 秋耕展 作品---

作品名:糸守町

作品サイズ:全倍


170211-11.jpg

撮影地:長野県諏訪市

聖地巡礼!

大ヒット映画 「君の名は。」のワンシーン。
立花瀧(この時実際は中身が宮水三葉)がバイト先の憧れの先輩 奥寺ミキとデートしたのが
秋耕展の会場でもある「国立新美術館」

だからこそ、この国立美術館に私の作品でこれを飾りたかった。

まるで本当に隕石が落ちて出来たかのような湖。
そして隕石が煙を出しかのような雲、奥には隕石が落ちたように見える夕日の光芒。
そしてほのかなオレンジの空と湖面の反射。



松本に住んでいた私にとっても思い出の場所。
ここは、地元の人が諏訪湖の花火を見に来る場所だった。
私のとても大好きな場所です。

そしてこの作品の撮影時間は「夕方 黄昏時」
そうです。これも映画「君の名は。」のキーワードですね。

「夕方、昼でも夜でもない時間。人の輪郭がぼやけて、彼が誰だか分からなくなる時間。
人ならざるものに出あうかもしれない時間。」


「誰そ彼」・・・「黄昏」



時間帯も合わせて表現してみました。



そしておかげ様で作品は「フレームマン賞」をいただきました。
ありがとうございます。

170211-2.jpg



-----------------------------------------



いよいよあと二日。

最終日の20日(月)の閉場はいつもより少し早い16:00
最終入場は15:00までとなります。


お時間にご注意ください。

ネタばれはしてしまいましたが、是非生の作品を国立新美術館で!



今年もリクエストにお応えして記念はがきを入口で販売中。(1枚200円)
ご来場の記念にいかがでしょうか。

170211-8.jpg





そして次回
第42回秋耕展もぜひよろしくお願いいたします!
 

170211-6.jpg









さて、私は休む間もなく週明けから
CP+2017@パシフィコ横浜 に突入します。

http://www.sony.jp/ichigan/a-universe/specialevent/cpplus2017/

170211-7.jpg




では、来週は「パシフィコ横浜」でお会いしましょう!!!























nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。