So-net無料ブログ作成

夏合宿ではなく殿様撮影ツアー@尾瀬檜枝岐温泉 Part2 [写真]

さて、2日目。

そうそう、なぜ「殿様撮影ツアー」とタイトルにしたかというと・・・
本来、撮影には下調べが必要。

○この季節どこに行けば、どんな写真が撮れるのか?
○天気はどうか?
○移動手段は?
○宿泊先、食事をどうするか?などなど・・・

こういう煩わしいことを一切考えず、人の引いてくれたレールにのって撮影できることを
人は「殿様撮影」と呼ぶ。


・・・で、今回の尾瀬檜枝岐温泉撮影ツアーのコーディネーターはな・な・なんと
プロカメラマン 並木隆さん
・ドライバー
・宿泊先手配
・尾瀬沼観光ガイド
・昼食の手配
・食事中のお茶くみなどなどなど・・・・
とにかく至れりつくせり。。。

ご本人は相当たいへんだったと思いますよ(笑)
こちらは、と~~~っても楽しかったですけどね!




2日目の日曜日。
この日は帰京ということもあり、山には上がりませんでしたが
早朝より「ミニ尾瀬公園」にてばっちり撮影。
100724-11.jpg

ここは、歌にも歌われる「♪ 遥かな尾瀬~~遠い空♪」ではなく
身近に尾瀬が感じられる公園です。

しかし「公園」とは侮るなかれ。
総面積80,000㎡。一周約2kmの敷地の中には、湿原エリア、ロックガーデン、渓流など
さまざまなミニ尾瀬が体験できます。
そして、なによりびっくりするのが・・・・花がいっぱい。

なんと信じられないことに・・・
・あじさい
・ショウブ
・ニッコウキスゲ
・コオニユリ
そして、そして
・コスモス
まで同時に見られます!!!

100724-12.jpg 100724-13.jpg

100725-3.jpg







午前中で撮影を終えると、後は温泉三昧、食事三昧!
名物裁ちソバ(つなぎ無しの純生そば)
第二の故郷を長野に持つKazukobaもうなるほどの絶品。
やはり「水」がいいとなんでもうまい!!

100724-14.jpg



・・・・で撮影を終了し、会津高原から野岩鉄道で鬼怒川温泉へ。
そしてスペーシア鬼怒川に乗って新宿まで。と普通の人は帰路につくが・・・
我々は、日が沈むまで撮影を止められない(笑)

100724-17.jpg


まずは、切符を購入したのだが・・・

100724-16.jpg


見てみて!!!
なんと手書きの切符!!

スペーシア鬼怒川の座席指定をとるために、改札へ向かったら・・・
駅員さんが、どこかに電話し始めた。何をしているかというと、電話で座席指定をとっている。
・・・で、席が取れたので改めて切符に席を手書きで記入。そして発行された!


こんなローカルさがたまりません!!



改札駅を入ってもまだまだ撮影タイム!(爆)
100724-18.jpg 100724-20.jpg

100724-19.jpg


だんだん鉄ちゃんになってきたぞ!!!ちょ~~楽しい。



そして最後の撮影は、これまたプレミアム!
お楽しみあれ!!!

撮影はソニーNEX5 、原画はAVCHD のFull HDですが、重いのでこれで勘弁してね。
 


鉄道好きには、「たまりません」・・・よね★



いや~~~楽しい殿様撮影ツアーでした。


ツアーの模様は、以下お二人のHPにも記載されています。
     写真  家 並木隆さん HP:http://namiki.lightparty.jp/?p=265
サンデーカメラマン 田中博さん HP:http://www.tombo-tanaka.com/diary1007_2.html


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0